インプラントの特徴

インプラントは抜歯あとの歯肉から、金属でできた人工の根を歯に埋め込んで固定します。人工根のうえに歯に近い形状のものを設置する歯科治療のひとつのことを言います。最近使用されることが多いのが、チタン製のものです。インプラント治療は多くがシステム化されており、さまざまな種類があります。1本のインプラントでひとつの歯を形成するもの、いくつかのインプラントを結合させてブリッジをつくって3本以上の歯を形成するものもあります。

インプラントの利点は、抜歯した箇所を元の状態に戻すことができる点です。金属の根を埋め込んで固定することで、抜歯前とほとんど変わらない見た目に戻すことができるのです。一般的な治療では歯をひとつ抜くと、その場所に歯を削ってブリッジというものをかぶせます。しかし、インプラントの場合は両端の歯を削らなくても抜いた歯のみを生成することができます。

インプラントの一番の特徴は歯がなくなった場所に、新たな歯をつくるというものです。そのため、これまでは入れ歯以外の方法が選択不可能でしたが、インプラントの登場によって自分の歯により近いものをつくることができるようになりました。入れ歯の場合は歯肉のうえに力が集中するので、歯が安定しないことがあります。しかし、インプラントは歯に直接固定するため、きちんと咀嚼することができます。本サイトではインプラントとブリッジのちがい、そしてインプラントのお手入れ方法についてまとめています。