ブリッジとの違い

ブリッジとインプラントはどちらも歯科医療の手法ですが、両者にはいくつかの違いがあります。見た目で言えばインプラントのほうが違和感がないと言われています。しかし、その分費用は高いため、よく考える必要があります。

ブリッジの場合は、歯を抜いたあとに両端の健康な歯も削って、すべての歯に被せ物をします。そのため、歯を削る量も必然的に増えますが、インプラントの場合は両端の歯を削る必要はありません。健康な歯をそのまま残したいということから、インプラントを選ぶ人も少なくありません。

ブリッジは歯を抜いたあとの残った歯に負担がかかるという欠点があります。そのため、土台の本数もそれほど多くなく、歯の損傷も蓄積しやすいことがわかっています。インプラントは新たに土台を増やすという方法なので、残った健康な歯にダメージを及ぼしにくいと言われています。

歯の治療期間に関しては、ブリッジのほうが短期間で済みます。インプラントは入れ歯などと異なり、自分で取り外すことは不可能です。手入れ方法はインプラントもブリッジも同じで、歯磨きを徹底して清潔に保つことが大切となります。同じく定期的な歯科検診が必要となります。インプラントかブリッジを選ぶ場合は、それぞれの特徴をしっかり理解しましょう。